MENU

顔のシミは皮膚科の薬で改善できるの?

顔のシミについて

 

顔のシミに悩んでいる方は、女性はもちろん、
男性の方もいらっしゃいます。

 

最近では、顔のシミ予防・改善のための様々な
スキンケアアイテムが販売されています。

 

こうしたアイテムは、もちろん効果的ですが、
本気で顔のシミを消したいと願う方は、皮膚科で
治療する方も増えてきています。

 

皮膚科での治療

 

顔のシミについて

 

では、皮膚科で顔のシミを治療する場合、
どういった薬が出されるのでしょうか?

 

何も知らないまま皮膚科に行くのはちょっと不安という
方もいらっしゃるでしょう。

 

そこで、この記事では、皮膚科で処方される顔のシミの
薬について、調べ、まとめています。

 

今後、皮膚科を受診しようかと検討されている方、
ご覧いただき、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

皮膚科で処方される薬

 

顔のシミについて

 

病院によっても処方される薬は違うでしょうし、
症状によっても違ってくるでしょうから、
これで全てというわけではありませんが、
下記の薬が代表的なものになります。

 

塗り薬

 

顔のシミについて

 

ハイドロキノン軟膏

 

塗る肌の漂白剤とも呼ばれている、パワフルな薬。

 

顔のシミの原因になる、メラニン色素が生成される
メラノサイトにアプローチすることで、高い美白効果を
発揮してくれます。

 

効果が高いだけに、肌には強い刺激がある薬です。

 

なので、顔のシミの状態を医師に診せてから、薬を
処方されなければ、安全に使用することができません。

 

医師の指示に従い、安全に使用するようにして下さい。

 

トレチノイン軟膏

 

ビタミンA誘導体の一つで、皮膚科ではニキビ治療に
使用されることもある薬です。

 

肌のターンオーバーをサポートして、コラーゲンを
生成することで、肌の若返りに効果的な薬と
して有名です。

 

シミの原因となるメラニン色素の排出を助けてくれるので、
顔のシミの改善に良いだけではなく、予防にも非常に
効果的です。

 

内服薬

 

顔のシミについて

 

トラネキサム酸

 

顔のシミの原因になる色素沈着を抑制する働きを持つ薬。

 

また、シミの直接的な原因になるメラニン色素の生成を
抑制する働きもあります。

 

特に、女性ホルモンのバランスが乱れることでできる
肝斑治療に非常に効果的と言われていて、皮膚科で
処方されることの多い薬です。

 

ビタミン類

 

抗酸化作用に優れたビタミンCやビタミンEは、
メラニン色素に働きかけてくれるので、顔のシミ予防と
改善に非常に有効です。

 

数種類のビタミン類を一緒に摂ると相乗効果も
期待できるので、いくつかのビタミンをあわせて
処方する皮膚科もあります。