MENU

やっぱりシミのできる原因は紫外線!紫外線を浴びてからシミができるまでの流れとは?

シミの原因・理由について

 

最近は、紫外線の中にも有害な物質が多いため、
小さな子供から大人まで、UV対策を徹底している方が
多いと思いようです。

 

紫外線を多く浴びすぎると、肌トラブルの原因になると
言われていますが、具体的にどのようなトラブルが
起きてしまうのでしょうか?

 

紫外線を浴びすぎると、日焼けをするだけではなく、
シミも、増えるとされているんです。

 

では、紫外線を浴びると、シミの原因になると言われているのは、
どのようなメカニズムによるのでしょうか?

 

シミのできる原因には他にもありますが、
紫外線が最も大きな原因と言われているのは、
なぜなのでしょうか?

 

今回この記事では、シミの原因と紫外線の肌への影響について、
調べてまとめてみました。

 

最近、シミが増えてしまったとお悩みの方、紫外線の影響が
気になっているという方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

紫外線とシミの原因の関係

 

シミの原因・理由について

 

メラニン色素がシミの原因

 

シミができてしまう主な原因は、
メラニン色素が皮膚に沈着してしまうことです。

 

メラニン色素が増える原因と言われているのが、
紫外線による刺激です。

 

メラニン色素とシミ

 

紫外線を浴びることにより、メラニンを作っている部分である
メラノサイトというところがダメージを受け、
メラニン色素が大量に作られるんです。

 

通常、作られたメラニン色素は肌のターンオーバーにより
排出されますが、過剰に作られてしまうと排出できず、
シミの原因となるんです。

 

強い紫外線を浴びることによりメラニン色素が作られ、
肌のターンオーバーが追いつかないことが、
シミの原因となるんです。

 

外出している以上は、100%防ぎきれない紫外線は、
多くの人のシミの原因となっています。

 

まとめ

 

シミの原因・理由について

 

紫外線を全く浴びないということはできませんが、
日焼け止めクリームに合う日傘や手袋、帽子など
UVカットアイテムの使用により、紫外線が及ぼす肌への悪影響を、
少しでも軽減することができます。

 

紫外線を浴びることで、メラノサイトが刺激を受け、
メラニン色素が大量に作られます。

 

そして、そのメラニン色素が沈着してしまうと、
シミの原因になるというわけです。

 

一度、紫外線を浴びたからと言って、
すぐにシミになるというわけではありません。

 

毎日浴びている紫外線の積み重ねが、
シミの原因と言われているんです。

 

日差しが弱いように感じる日でも、紫外線は
降り注いでいますから、毎日の紫外線対策を
欠かさないようにしましょう。

 

 

シミ飲み薬 ランキング