MENU

シミの根本原因はメラニン色素?メラニン色素を増やしてしまうNG行動とは!

シミの原因・理由について

 

紫外線を浴びると、肌に良くないとよく言われますよね。

 

紫外線を浴びることで肌は日焼けしますが、それ以外にも、
よく知られている肌トラブルのひとつに、
シミが増えてしまうということが挙げられます。

 

紫外線がシミの原因になると言われている理由の主な要素は、
メラニン色素です。

 

では、メラニン色素は、どのようなことが原因で
増えてしまうのでしょうか?
なぜ、メラニン色素はシミの原因になってしまうのでしょうか?

 

今回この記事では、メラニンとシミの原因の関係性について、
調べてまとめてみました。

 

シミの原因を知ることで、
効果的なシミ対策をしたいと思っている方は、
ぜひ参考にしてみてください。

 

この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

メラニン色素とシミの原因について

 

シミの原因・理由について

 

メラニン色素とは?

 

メラニン色素というのは、肌や髪の毛などを
濃い色にさせる物質ですが、実は、肌を守る役割をしてくれる
とても大切な物質なんです。

 

細胞の真ん中には、核という部分があります。

 

人間の肌の細胞にある核が紫外線による刺激を受けると、
皮膚がんのリスクが高まったり、紫外線からの悪影響があるため、
それから守るために、メラニン色素が体の中で作られ、
肌を守ってくれるんです。

 

メラニン色素を作っているのは、メラノサイトと言われる
肌の一番下の部分にあるところです。

 

それで、肌の表面の部分までは紫外線が届きますが、
深い部分である真皮という部分にまで紫外線が届いて
悪影響を及ぼすことがないように、
守ってくれているのはメラニンなんです。

 

メラニンとシミの関係

 

メラニン色素が増える原因はもちろん紫外線だけではなく、
様々な刺激となるものがありますが、多くの場合は、
紫外線が悪影響を与えている可能性が、
非常に高いとされています。

 

メラニンは、色素の成分なので、紫外線を始めとした
色々な刺激によって過剰に作られ、
ケラチノサイトという部分にたまると、色素沈着し、
シミの原因
となるんです。

 

通常は作られたメラニン色素も、肌のターンオーバーにより
排出されますが、刺激が多く、大量に作られすぎると、
肌の新陳代謝が追いつかずシミの原因になるんです。

 

まとめ

 

シミの原因・理由について

 

メラニン色素が大量に発生してしまう原因は様々ですが、
メラニン色素の発生を抑えることは、
シミの原因を減らすことになります。

 

それで、まずはメラニン色素を増やしてしまう原因となる
紫外線や摩擦などの刺激を、防ぐことが大切です。

 

 

シミ飲み薬 ランキング