MENU

肌への摩擦はシミの原因になる!肌をいたわって美白を目指そう

シミの原因・理由について

 

多くの方を悩ませる肌トラブルの、ひとつはシミです。

 

シミが顔にできてしまうと、目立ちますし、
年齢も感じさせてしまいます。

 

見た目年齢を若々しく保ちたいなら、シミのない
綺麗な肌を保つことが必要ですが、きちんと対策を
行っているつもりなのに、なぜかシミが増えてしまう、
なかなか改善しない、とお悩みの方も少なくないようです。

 

シミへの対策を効果的に行っていくためには、
シミの原因となっている事柄を、
よく知っておく必要があるでしょう。

 

シミの原因として思い浮かぶものといえば、紫外線や
ニキビの跡などがありますが、実は肌への摩擦も、
シミの原因になりやすいと言われています。

 

なぜ、肌への摩擦はシミの原因になるのでしょうか?

 

注意したい摩擦の刺激を与えやすい習慣には、
どのようなものがあるのでしょうか?

 

今回この記事では、そのような点について、
調べてまとめてみました。

 

なぜ摩擦はシミの原因になる?

 

シミの原因・理由について

 

シミの発生と特に関係していることがあるものに、
メラニン色素があります。

 

メラニン色素が大量に作られ、肌に蓄積されることにより
シミができてしまうんです。

 

メラニン色素が大量に作られる原因として、
外側からの様々な刺激をあげることができます。

 

その一つに、紫外線も挙げられますが、摩擦も刺激の1つです。

 

肌に摩擦が加わることにより、メラノサイトという
メラニン色素を作る部分が活性化され、
メラニン色素が大量に発生します。

 

作られたメラニン色素の量に対し、
肌のターンオーバーが追い付かなければ、
シミの原因となるんです。

 

注意したい肌への摩擦となる習慣

 

シミの原因・理由について

 

クレンジング

 

シミの原因・理由について

 

メイクをしている女性が毎日行う習慣に、
クレンジングがあります。

 

クレンジングを行うときにクレンジングの量が少なかったり、
ゴシゴシとこすってしまうと、肌に摩擦の刺激が加わり、
シミの原因となるんです。

 

特に、肌が薄い目元周りは摩擦の刺激により、
シミができやすいと言われています。

 

濃いアイメイクをしている時には、ついゴシゴシと
こすってしまいがちですが、そのような摩擦は
肌への刺激になる
と覚えておきましょう。

 

テクスチャの固い化粧品の使用

 

シミの原因・理由について

 

テクスチャーの固い化粧品を毎日使っていると、
シミの原因になってしまうことがあります。

 

固い化粧品を肌の上で伸ばそうとすると、摩擦を与えてしまい、
肌に負担となるんです。

 

肌に摩擦を与えてしまうテクスチャの固い化粧品は、
メラニン色素を大量発生させ、シミの原因
となります。

 

 

シミ飲み薬 ランキング