MENU

唇にシミができてしまう理由とは?意外と目立って気になる唇のシミのメカニズム

シミの原因・理由について

 

いつものように唇のケアを行ったり、口紅を塗っていると、
こんなのあったっけ?と唇のシミに気づいたことがある方は
おられませんか?

 

唇に黒や茶色っぽい点々ができていると気づいた場合、
それは唇のシミかもしれません。

 

顔や首など、肌のシミ対策は行っていても、
唇のシミ対策を行っているという方は、やはり少ないようです。

 

しかし、肌と同じで口周りも意外と目立ちやすく、
気にしている…コンプレックスだ!という方も増えています。

 

唇のシミができてしまうと、周囲の目が気になるだけではなく、
口紅の発色も思ったようにいかないという場合があるようです。

 

唇のシミ対策を始めよう

 

シミの原因・理由について

 

それで、目立ちやすい唇のシミ対策を、何とかして効果的に行い、
予防・改善をしていきたいですよね。

 

そのためには、唇にシミができてしまう理由について、
知っておくと良いでしょう。

 

では、唇にシミができてしまう理由には、
どのようなものがあるのでしょうか?
どんな対策を取り入れると良いのでしょうか?

 

今回この記事では、そのような点について、
調べてまとめてみました。

 

いつの間にか唇にシミができていた!とお悩みの方は、
是非参考にしてみてください。
この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

唇にシミができる理由とは?

 

シミの原因・理由について

 

唇も日焼けする

 

あまり意識したことがないかもしれませんが、
実は唇も、日焼けをしているんです。

 

唇は意外と紫外線の刺激に弱く、
日焼けをしやすい部分だと言われています。

 

唇は乾燥しやすい敏感な部分ですが、紫外線浴びると
メラニン色素が放出され、色素沈着が起きるので、
シミの理由になるんです。

 

それで、唇の日焼け対策に効果的な、UV効果のある
リップクリームやグロスなどを使うことはおすすめです。

 

市販されているものの中にも、UVカット成分が
含まれているものはたくさんあります。

 

そのようなものを口紅を塗る前に塗り、唇を保護することにより、
唇のシミ対策を行いましょう。

 

クレンジング不足

 

肌のクレンジングは意識していても、唇や口周りを
丁寧にクレンジングするということは、
意識したことがないかもしれません。

 

化粧で付ける口紅やグロスなどを、しっかりと
クレンジングしなければ、その油分が紫外線を吸収し、
シミの理由になりやすいんです。

 

それで、きちんとクレンジングと洗顔により、
唇の見える部分だけではなく、
成分そのものを洗い流すことが大切です。

 

 

シミ飲み薬 ランキング