MENU

顔のシミができる理由とは?原因を知って効果的な予防・対策を行おう!

シミの原因・理由について

 

顔だけではなく、
人間の体の首や手足など様々なところには、シミができます。

 

しかし、顔にシミができてしまう場合には、
特にどんな理由が考えられるのでしょうか?
どのような対策を、行う必要があるのでしょうか?

 

今回この記事では、そのような点について、
調べてまとめてみました。

 

最近、顔のシミが増えたような気がするという方や、
原因を知って対策を始めたい!という方は、
ぜひ参考にしてみてください。

 

この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

顔にシミができる理由とは?

 

シミの原因・理由について

 

紫外線

 

シミの原因・理由について

 

全身にできるシミはもちろん、顔にできてしまう
シミの理由として、最も大きなものは紫外線の影響です。

 

紫外線を浴びると、人間の肌はお肌を守るために、
メラノサイトというところから、メラニン色素を放出します。

 

このメラニン色素は、濃い色をしていて、
シミやほくろの原因だと言われているものです。

 

しかし、このメラニン色素は
肌を守ってくれる役目を持っているので、
なくすということはできません。

 

紫外線を多く浴びすぎることが理由で、
メラニン色素が多く作られ、その量に対し
肌の新陳代謝が追いつかなくなると、顔のシミとして
残ってしまうというわけなんです。

 

それで、紫外線の浴びすぎや、
肌のターンオーバーの乱れが主な理由
と言えます。

 

肌のターンオーバーの乱れ

 

シミの原因・理由について

 

ターンオーバーが、ある程度正常な状態でも、
紫外線を浴びるとターンオーバーが追いつかなくなり、
顔のシミの理由となります。

 

しかし、肌のターンオーバーそのものが乱れていると、
より顔のシミが増えてしまう理由になるんです。

 

肌のターンオーバーは、新しい細胞が表面に出てきて、
古い肌が剥がれ落ちる、肌の生まれ変わりのシステムです。

 

メラニン色素が多く出されても、それが定着してしまうまでに
肌が生まれ変われば、シミの理由にはなりません。

 

顔の肌は、特にターンオーバーが重要です。

 

ターンオーバーが乱れてしまう原因としては、
ストレスや睡眠不足、また女性ホルモンのバランスが乱れ、
自律神経も乱れてしまうといったことが挙げられます。

 

顔の肌のターンオーバーが乱れることにより、
メラニン色素が処理できなくなり、
シミが定着してしまう理由になるというわけです。

 

まとめ

 

シミの原因・理由について

 

特に、紫外線を浴びやすい顔はシミができやすい部分です。

 

さらに、肌のターンオーバーの乱れがそこに重なることにより、
顔のシミが増える理由となってしまいます。

 

それで、規則正しい生活リズムや正しいスキンケアにより、
肌のターンオーバーを整え、紫外線を
できるだけ浴びないような対策を取り入れましょう。

 

 

シミ飲み薬 ランキング