MENU

悩ましい顔のシミ、もしかしたら病気のサインなのかも!?

顔のシミについて

 

顔のシミでお悩みの方は意外と多くいらっしゃいます。

 

顔のシミがあると、老けてみえる等、肌のことだけを
考えてしまいがちです。

 

でも、顔のシミは、実は肌の問題にとどまらないことも
あるようです。

 

体の不調やホルモンの乱れなど、何か病気のサインと
なっている可能性もあります。

 

どんな顔のシミが病気のサインである可能性があるのか?
どういう病気が考えられるのか?知っておくことは
大切です。

 

こうした知識があれば、顔のシミができた時、単なる
肌の問題と片づけるのではなく、病気の早期発見と、
早期治療ができるかもしれません。

 

この記事では、顔のシミで考えられる病気について
調べ、まとめています。

 

顔のシミで悩んでいて、何となく体調が優れないと
お悩みの方は、ぜひご覧いただき、参考にして下さい。

 

顔のシミから分かる病気

 

顔のシミについて

 

女性ホルモンバランスの乱れ

 

女性で顔のシミができている場合、女性ホルモンの
バランスが乱れていることが考えられます。

 

女性ホルモンの一つであるエストロゲンの分泌が
低下すると、メラニン色素が増えてしまいます。

 

シミの原因になるメラニン色素が増加すると、
当然、顔のシミが増える結果になります。

 

また、女性ホルモンのバランスが崩れていると、
体も疲れやすく、肌トラブルが起きやすくもなります。

 

更年期障害などの年齢にさしかかっている女性の方で
あれば、ある程度は仕方ないことかもしれませんが、
まだ、そういう年齢ではない若い方で顔のシミが異常に
多い場合は、婦人科系の病気のサインかもしれません。

 

内臓機能の低下

 

内臓機能が弱まることで引き起こされる病気、特に、
肝臓や腎臓の病気になると、顔のシミが増えることがあります。

 

頬の外側の顔のシミは、腎臓の病気が原因になっているかもしれません。
そして、眉間の顔のシミは、肝臓の病気が隠れているかもしれません。

 

肝臓や腎臓の機能が弱まる病気になると、新陳代謝が
衰えて、メラニン色素が蓄積されるため、
顔のシミができやすくなるようです。

 

日頃から、こうした内臓系の病気にかからない様に、
生活習慣を整え、肝臓や腎臓機能を高める食事を
摂るようにしましょう。

 

顔のシミが特定の場所に増えてきた場合、こうした
内臓系の病気が疑われるのです。

 

単なる顔のシミ、老化現象だと諦めたり、スキンケアだけで
何とか治そうとせずに、こうした病気のサインかもしれない
ということを知っておくことも大事ですね。